【川崎に住む新米ママへ】産婦人科はお産のリスクを考慮して選ぶのが得策

プレママの悩みを解決

赤ちゃんが出来て悩むことといえば、まずは産婦人科ではないでしょうか?どのような産婦人科がいいのか、メリット・デメリットはどのようなものかまとめていますので、参考にしてみてください。

先輩ママたちの産婦人科の口コミ

予約不要の産婦人科でよかった

産婦人科選びの際に気に入った産婦人科が予約不要でした。予約不要ってどうなの?と思っていましたが、自分の予定に合わせやすいのでよかったです。

4Dエコーでよく見えた

4Dエコーってなんだろうという感じだったのですが、普通のエコーよりリアルにお腹の中が見えるのでよかったです。

無痛分娩で安心

痛みに弱く、無痛分娩のところを選びました。心配もありましたが痛みがない分、体力が残せたので、産後の育児によかったです。

カウンセリング

大事な出産だから産婦人科選びは難しい

産婦人科を選ぶのは大事な赤ちゃんの為にできるはじめてのこと。どの産婦人科を選ぶのかに頭を悩ませているプレママも多いと思います。ここでは産婦人科をえらぶ時のヒントをお伝えしていきますね。まず、出産できる産婦人科の種類としては5種類あります。総合病院、大学病院、産婦人科医院、個人産院、助産院です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に合わせた産婦人科選びをしましょう。

ハイリスクの場合は総合病院や大学病院

総合病院と大学病院のメリットは、様々な医療が受けられるという点です。生まれた後に、赤ちゃんに病気が見つかったり、元々ままに持病があるなど、リスクが考えられる妊娠の場合は、いざという時に他の科との連携を取れるという意味では安心感があります。特に高齢出産の場合はリスクが大きい場合もあるので、総合病院や大学病院が良いでしょう。しかし、これらの病院は、待ち時間が長いという特徴もあり、普段から通うには少し面倒という人も多いです。妊娠中にリスクが見つかった場合に紹介状を書いてもらって移動するということも可能ですので、今のところ分からないという時には総合病院や大学病院でなくてもいいかもしれません。

アットホームな雰囲気の産婦人科や助産院

産婦人科や助産院はアットホームな雰囲気で、それぞれに個性があります。妊婦健診と出産も同じ医師が担当するので、心配事などを相談できるなど、妊娠中も安心して過ごす事ができるのが魅力です。助産院は医師がいない施設で、検診は提携の医療機関で受けることになります。なるべく自然な出産をしたいという人に人気がありますが、高齢出産や多胎妊娠の場合は対応していないですし、ハイリスク出産の場合は医師がいない事で心配もあります。健康に問題なく、自然な出産がしたいという人はおすすめです。川崎にも様々な産婦人科があります。自分の理想の出産や身体のことも考慮して、産婦人科を選ぶようにしましょう。

妊活・ママ活女性が最後に試したサプリ

選ばれている妊活サプリです。人気の妊活マカとは◎

こすぎレディースクリニック

土曜日・日曜日でも診療を対応しています。川崎で産婦人科医院を受診したいなら必見!

早川クリニック

24時間ネットで気軽にもうコミができちゃう!婦人科を大阪で申し込みたいと考えているなら必見です。